コラム

医院内装や土足のお話

2015年3月30日

 林歯科医院の診療エリアは壁も床も白一色で殺風景に感じられるかもしれません絵画や置物もありません。お洒落な歯科医院とは程遠いと思います。
 しかし、それらには理由があります。白一色なのは汚れが目立つからです。必然的に掃除を頻繁にしなければなりません。又、感染予防の観点から万が一、血の付いた針などが音もなく床に落ちても発見しやすいと思います。
 絵画や置物も改装前は飾っていましたが、毎日埃を取るのが大変でしたので置いていません。(もう一つの理由として先の震災の時、絵画などが揺れて危なかったからです。各診療室に一か所は倒れたり落ちたりする物がないエリアを作りたかったのです)

 

診療室も個室ごとに換気装置が付いていますから隣の患者さんの歯の削りカスなどが飛んでくることもありません。

 

院内は土足です。お年を召した方や、お体の不自由な方は靴の履き替えは御負担でしょうし、何より転倒の危険があります。(先にも述べましたが災害時に瓦礫の中をスリッパで歩く事は非常に危険です。誰もがすぐに靴に履き替えられるとは限らないと思います)

 

床は日に何度も掃除していますし靴底の汚れ取りマットの枚数を増やして対応しています。

 

医療機器などの専門的な設備のお話は次の機会にします。今回は患者さんやスタッフが安全で快適に過ごせるように行っている環境整備の一例をお話しました。

 

当院は厚生労働局の定める医療管理安全対策の施設基準に適合しています。