コラム

金歯のお話

2015年8月18日

 最近はセラミックを用いた歯科治療が全盛です。実際、林歯科医院でもセラミック治療を希望される患者さんが多いです。しかし奥歯など審美的な問題が少ない部位では金合金で製作した冠(被せ物)やインレー(詰め物)をお薦めする事がよくあります。(ここで言う金合金とは金とプラチナを主成分としたもので残念ながら保険治療対象外です。)

 

 金は安定した金属で腐食しません。また、金箔になるように、しなやかで良く伸びます。この性質が冠やインレーと、歯との継ぎ目の封鎖性を高め、噛み合わせた感触も優しいのです。実際には純金は歯科用金属としては柔らか過ぎるのと製作過程での操作性を向上させるためにプラチナやその他の金属との合金として利用します。

 

 金属アレルギーを心配される方もいらっしゃいますが高カラットの金合金はアレルギーの原因にはなりにくいことがわかっています。(ただし確立としてはゼロではありませんから注意が必要です。アレルギーに関してはセラミック治療においても起こりえます。これらについてはまたの機会にお話します)

 

 しかしいくら良い材料を使用しても良い治療が出来るわけではありません。各段階で歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が正確な技術と設備を用いることが重要だと思います。

 

 金合金は歯科材料としての物性が非常に優れていて、セラミックにはないメリットがまだまだ、たくさんあるのです。