コラム

診療後の洗濯が日課になりました (診療着について)

2021年3月23日

以前はスタッフに洗濯をお願いしていました。一回目の緊急事態宣言の少し前から患者さん毎に着替えていたので(現在もスタッフ共に適時着替えています)私の診療着上下だけですごい量なので申し訳なく、スタッフが帰った後に自分で洗濯しています。

私はスクラブというタイプの診療着を着ています。深い V ネックの青い(カラフルなものもあります)T シャツのようなものです。 外国の救急救命医のテレビドラマや近年では歯科医師も多く着用しているのでご存じの方も多いと思います。元々は手術着です。

洗濯機で乱暴に洗えて高温の蒸気滅菌にも耐えられるようボタンやファスナーが付いていないので理にかなっています。私は余分なポケットなどが付いていない青いタイプを使用しています。お洒落ではないですがポケットが多いとゴミも入りやすいからです。
余談ですがカラフルなものを着用しないのは歯の色を見るときに視界に余計な色が入らないようにする為です。

当院では診療着でビル外に出る事を(緊急時は除く)固く禁止しています。
理由は治療中に着用していた診療着にはウイルスや血液が付着したりして不潔だからです。
清潔な状態の診療着での外出ならよいではないか、という問題ではなく、用途があっての診療着です。外出時は着替えればよい、というのが方針です。

電話でお問い合わせする